佐賀で目が覚めた瞬間に出会いがありました

帰ってきたときは手をたたいて嬉しかったし、目が覚めた瞬間にがっかりした。そうです、蓮畑はなくなりました。

そしてその夜、私がいつも歩いている佐賀に痛みがありました。暗闇の中でそれは何ですか?聞いた声に近づいて立ち止まりました。
「拾う」という言葉は無責任な言葉だと思います。しかし、佐賀で出口を塞ぐよりはまだ優しいと思います。

小さな塊が震えていました。
叫びながら。

タイミングはどうだったのかしら。
姪との会話や久しぶりの夢が、この小さなしこりにつながっているのではないかとさえ思いました。

私は犬が好き。
佐賀は間違いなく猫よりも犬のようでした。
しかし、どうですか?彼と一緒に住んでいたとき、私が持っていた猫のイメージはファンタジーの生き物のイメージにすぎないことに気づきました。

この愛らしい生き物は何ですか?
赤ちゃんのかわいらしさに勝るものはこの世にはありません。
もうまろやかだった←チョロ

猫とは関係のない人生だと思ったのですが、どうやって倒れるのかわかりません。
そこから、私は毎年新しい凶悪犯に会いました、そして、私は骨抜きにされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です