群馬の童貞が責任を負います

上側だけが戦わないと言って
群馬の童貞に憲法を変更しようとしている政治家。

そして、丸山穂高さんと嘘をついた副委員
彼らに投票した人々が責任を負います。

群馬の童貞の表現が強すぎる場合
原因は言い換えることができますがそれは似ています。

私がいつも疑問に思うのはメディアです
議員がビート
人々を打つ記事はありません。

視聴者だから
買い手ですから
言い換えれば、それは顧客だから批判しないのですか?

顧客や支払人でも
群馬の童貞は他に考えている場合私は指摘しなければならない
あなたはそれをもっと大きな間違いにしてもらえますか?

「私たちは、立法者たちの悪化を悲しんでいるだけではありません。私たちは、正当なメンバーがこれ以上上がらないように、イメージと勢いにとらわれずに政治家の人間性の目に栄養を与えたいです。」
(西日本新聞より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です