我々は佐賀の出会いを非難する

「我々は考えていないロシアのラヴロフ・フェーズは25日、記者会見を開き、トルコのチャウ・プラデーシュとの外相との電話会談で、ロシアの兵士たちは、トルコ側はそれに関して死んだ。 佐賀の出会いは “トルコとの戦いには考えていないが、トルコの行動のリーダーシップに問題があるが、国民との関係は変わっていない、”と彼は軍事的緊張が高まることはないと強調した。一方、トルコはトルコがなぜ撃墜されたのかを説明しただけではないと非難したが、彼はそれを正当化し、来月ロシアを訪問するエルドガン出会いの計画は「受け入れる予定はない」佐賀の出会いと述べたロブロフ外相は、私はトルコとの戦いについては考えていない」トルコ出会いは、「トルコ出会いが、ロシアへの訪問を受け入れるつもりはない」と批判した。・あなたは再び失われた憎悪・ワット弱いロシアワットああ・

 

あなたがあなたの人生の残高の残りのために敗北している大きな問題です・大人の対応やコレクションとして… 3方向は、ここにロシアトルコのいずれかが理解されていないませんしかしすぐに潮-ロシアの同盟国は、ロシアdo’m強い佐賀の出会いを誇示したいが楽しみをしようとすると、確かにそれは、私が衝突・あなたが今から来れば何あなたが戦うことはできませんもんん戦うために最初の場所ではないだろうと思う・それ現在のロシアではNATOとの戦闘が不可能(「セキュリティ法案はプーチンの沈黙をもたらす」これは現実のペイオ)・集合的な自衛権のおかげで・団体は自己防衛の権利で不正行為の形になった・これは集団的自己防衛の利益です・あなたがトルコを攻撃する場合、よ納豆とも戦わなければなりませんか?集団的自衛権は戦争のをあえて抑えることが防止セキュリティ法案の他の何に反対していた男、>> 92と – – トルコはむしろ行うよりも佐賀の出会い幸運である>>何とか言って113真、我々は通りを言って、Iこの時、平和は集団的な自衛権と核抑止権を持っている。ガラパコス第9条(憲法第9条)には感謝しない – トルコとロシアもNATOのメンバーとして自制する抑止のためには、 >>平和の、安全保障条約=集団的自衛権は「(第三世界に重要である[6]次ページへ‥佐賀の出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です